2005年10月から家を建てようと行動を始めました。地元工務店で建てる家づくりの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土地について
2006年08月31日 (木) | 編集 |
着工から138日目

今日は、土地についてです。
建築中の建物の配置は、70坪の土地(おおよそ15m×15m)に建坪21.8坪の家を建てています。
配置は、
土地図077

こんな感じです。

道幅が狭いので、70~80㎝セットバックをする必要があります。
南側の建物は敷地いっぱいに建物が建っているので、南面の道路から東面の道路に自動車で曲がるには、敷地内にはみ出て通らないと曲がれません。通行する自動車が、常に敷地内に入りながら通行すると言う事です。
逆に、もし、この土地が他人の所有物になると、実家から出てきた車が東側に出て来れなくなるので、初めから敷地の角は車が通る事を前提で考えています。実家の親は、ちょうど良かったと思っている事でしょう。(今は親の土地ですが)


それから、建築中の土地は、市街化調整区域なのです。と言っても、田畑や森林の中にある土地ではなく、北と西は家が建っており、南は道路を挟んで建物(倉庫のような店舗?工場?)、東は道路を挟んで電車が走っています。電気・水道・下水などは目の前の道路にから引き込むだけでOKな状態になっていました。
既存宅地にはなっているのですが、既存宅地制度平成13年5月18日に改正都市計画法が施行され、既存宅地制度が廃止になりました。この既存宅地制度の廃止に伴い5年間の経過措置が設けられましたが、平成18年5月17日をもって終了すると言う事だったので、なんとしても期限までに着工しておく必要がありました。期限を過ぎると開発許可が必要となり、手続きがややこしくなり、時間も掛かるらしいのです。

手順としては、
住宅メーカーの選定(平成17年10月~12月)
     ↓
間取りを決め、図面化する。(平成17年11月~平成18年2月)
     ↓
開発許可等不要証明申請を提出(約1ヶ月)
     ↓
建築確認申請書等の書類を提出(約1ヶ月)
     ↓
許可が出たら着工する。(平成18年5月17日までの期限でしたが、4月中旬に着工出来た)

以上の経緯がありました。
↓着工前の土地
土地(着工前)

スポンサーサイト
テーマ:家作り日記
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。